バレーボール 審判学生の部活や大学のサークルであれば、バレーボールの練習試合などの審判もほとんどの場合、空いている部員が行いますよね。そこでよくあるあるあるなのですが、サボっているときに限ってきわどいボールがライン上に落ちてきたりします。意外と経験者も多いのでは。

もちろん、サボっている時を狙ってそこにボールを落としているわけではありません。実際は、様々なボールがきわどいところに落ちていて、それをラインズマンや主審として判定しているのですが、サボっているときほど、そういった場面に遭遇すると緊張してしまいます。

そういった緊張感から、その記憶が鮮明となっているため、記憶に残りやすく、サボっているときに限ってということになるのです。きわどいボールであるというのは事実なんですけどね。審判もしっかりとサボらずにやりましょう、ということですね。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労