バレーボールには基本的なプレーがあり、ルールが決まっています。サーブや相手コートから打ちこまれたボールを受け、相手のコートに打ち返すためには、まずボールを拾うレシーブが必要となります。その次に続くのが、味方のプレーヤーに攻撃を打ちこんでもらうために、ボールをあげるトスが必要となります。このトスされたボールを相手コートにアタックで打ちこむことになります。

バレーボールバレーの基本は、レシーブ・トス・アタックといった3種類に分けることができ、両チームでこれらを繰り返すことで、ポイントを先取するスポーツになります。
レシーブはアンダーハンドパスとも言い、両手をまっすぐに伸ばし、手首のあたりでボールの衝撃を和らぎながら受けるパスになります。トス、またはオーバーハンドパスは、おでこの上ぐらいでボールをつかむように構え、アタックの位置にまでパスをつなげます。アタック、またはスパイクはジャンプしながらトスのタイミングに合わせ、相手チームのコートにボールを叩きつけるように打ちます。

学生やサークル、プロバレーなどでも基本は同じなので、この基本プレーの練習をしっかりこなすことが大切です。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労