誰もがやっているあるあるの一つにサーブ前のボールのバウンドがあります。国際的な試合などでもよく見かけますよね。バレーボールだけでなく、サーブを打つ競技全般にあてはまる行為と言えます。

バレーボール一見、リズムをとったり、ボールの感触を確かめたり、神経を集中させているようにも見える行為ですが、実は全く意味はありません。それらをいう人もいるのですが、実はそれは言い訳なのです。実際は、バレーボールやそれぞれの球技を始めたころからのクセで行っている場合がほとんどなのです。

そのため、ほとんどの人が何も考えず、無意識のうちにやっている場合が多いです。完全なクセになっているため、どうしてもやらずにはいられないものとなっているのです。もちろん、誰に教えられたわけでもなく、人のプレイを見ているうちに自分もするようになっているのです。社会人になって、久しぶりにバレーボールサークルにはいっても、やっぱりしてしまうんです。不思議ですね。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労