タイムアウトのルール最近は大学のサークルやママさんバレーだけでなく、社会人がバレーボールサークルを作って活動していることも多いようです。社会人バレーボールサークルチーム同士で試合を行うことも多く、試合中に行われるタイムアウトも公式ルールにのっとっていることが多いようです。

一般的にタイムアウトは1セットにつき2回までとされています。監督、またはゲームキャプテンが審判に要求し、タイムアウトが実行されます。1回のタイムアウトにつき30秒と決まっていますが、2回分のタイムアウトを1分としてまとめてとることも可能になっています。

公式な試合では、通常のタイムアウトとは別に、テクニカルタイムアウトというものがあります。勝っているチームが8点および16点になったとき、とらなくてはならないタイムになっています。60秒間のタイムとなっていますが、第5セットではこのタイムはありません。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労