スパイク部活やサークルでバレーボールの練習を始めたばかりのときは、よく監督やキャプテンにボールを良く見ろと習った方も多いのではないでしょうか。確かにバレーボールを始めたばかりのときは、しっかりとボールの行方を見ておくことが大切になりますが、上達してくるとともに、他のプレーヤーの動きを確認することがさらに必要になってきます。

いわゆる状況判断のことになりますが、スパイクを決める瞬間に、少しでもいいから相手のコートを確認する状況判断能力があれば、スパイクやフェイントを決める率は断然高くなります。
一般的にスパイクを打つ場合は、トスが上がって打つまでは方向転換ができない方が多いですが、上手なスパイカーはトスが上がってから打つまで、瞬時にこの判断を行って、スパイクの位置の方向転換をすることが出来ます。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労