バレーボールバレーボールを行う上で、スパイクレシーブのフォーメーションは、大きく分けると3種類になります。一つはマンダウンマンダウンフォーメーションで、次いでマンアップフォーメーション、ボックスフォーメーションになります。

トップレベルのチームが利用しているフォーメーションで、最も一般的なものがマンダウンフォーメーションになります。フェイントカバーのレシーバーをおかないのが特徴で、ブロック裏のフェイントはライトがカバーし、コート中央のフェイントはレフトの前衛と後衛がカバーします。バックセンターはワンタッチボールを拾うことに専念します。

最近では公式のバレーボールチームだけでなく、社会人のバレーボールサークルでもこのフォーメーションを利用することもあるようです。サークルと言えども、とてもレベルの高いチームもたくさんあるようです。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労