ブロックバレーボールにとって花形となるのがスパイクとすると、それを防ぐブロックというのは地味ではあるが、外すことのできない立派な脇役となります。
ブロックには主に2つの種類があります。ブロックのときにどこに打ちこんでくるか、また何を打ってくるか先に予測してジャンプして防ぐコミットブロックがあります。

Bクイックなどの、攻撃が速い相手の場合に対応できるブロックになりますが、予測が外れると目を当てることもできない状況になってしまいます。
一方、リードブロックは、相手のトスが上がったのを確認してから、ジャンプするブロックの方法になります。最近ではこのリードブロックがほとんど主流になっていますが、このリードブロックのタイミングをずらすために、セッターはジャンプトスなどを行い、タイミングをずらすなどの対策を行います。

最近では社会人のバレーボールサークルも本格的なチームが増えており、こういった高度なブロックを利用することもあるようです。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労