リベロプレーヤリベロプレーヤーとは、バレーボールの部活やサークルをしている方には当たり前のように馴染んでいる言葉ではないでしょうか。バレーボールだけでなく、サッカーにも用いられるポジション名にもなります。

バレーボールでリベロプレーヤーというと、主にレシーブを受ける守備専門のプレーヤーのことになります。審判の許可なくいつでも交代することができ、後衛の選手なら誰とでも何度でも交代出来ます。その際の交代はもちろんカウントされません。

他のプレーヤーとは違う色のユニフォームを着用せねばならず、コートから出る場合は交代した選手としか交代出来ません。リベロプレーヤーは守備専門のプレーヤーとなっているため、ネットより高い位置にあるボールは触れません。そのため、スパイクやブロックをすることもできませんし、サーブも行えません。
リベロプレーヤーはトスをあげる場合、アタックラインから後方からしか行えません。フロントゾーンでトスを上げると反則になってしまいます。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労