バレーボールの試合中に、ネット際にボールが返ってくると、味方チームと敵チームのせめぎ合いになることがよくあります。特にセッターがネットより上の位置で、シングルハンドで味方チームのアタッカーにボールをトスしようとし、反則になってしまうことがよくあります。

ネット際ボールを自分の考える方向へ上げようとして、長くボールに触れたことにされるとホールディングとして反則のカウントになります。また、ネットより敵側にあるボールを取ってトスしようとしたり、ツーアタックするとオーバーネットとして反則でカウントされます。また、ネットより敵側にあるボールをスパイクしようとしたり、相手チームのセッターがトスしようとしたボールをブロックすると、オーバーネットになってしまいます。

部活やサークルなどでバレーボールの試合をしていて、ネット際のせめぎ合いで反則カウントを取られた経験をした方も多いのではないでしょうか。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労