バレーボールにおけるサーブとは、とても重要な役割を持っています。以前はサーブ権が移動していただけだったため、それほどサーブのミスは大きくなかったものの、最近のラリーポイント制ではサーブミスをすることによって、相手に1ポイント入ってしまうため、大事な場面でサーブミスで試合終了となってしまうことも珍しくなくなってきました。

バレーボール部活やサークルの大きな試合でサーブミスで試合終了になってしまうと、一生忘れられない大きなミスとなってしまうほどです。サーブはとにかく練習を重ねることによって、いろいろな技を習得していくほかありません。いきなりスパイクサーブや天井サーブを決めることが出来る人というのは、まずいません。
最初はアンダーハンドサーブからコツコツと、確実に相手のコートに入れるようになることが大切です。再度のスイングで打ちながら、100パーセント確実にサーブが入るように練習していきます。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労