スパイクを上手に受ける方法バレーボールは、相手チームからのスパイクを受けた場合、どれほど強烈なスパイクがくるか分からないため、いつもどおりレシーブを受けると、とんでもない方向にボールが跳ね返ってしまうことがよくあります。また、強烈なスパイクに対し、硬いレシーブで返そうとすると、ボールは横に逃げる力が働いてしまうため、変な方向にボールが飛んでいく原因にもなってしまいます。

せっかくスパイクを受けたのに、上手にボールを処理できなければ意味がないことになります。大事なのはスパイクを受けた瞬間に、どれほどボールの勢いを殺すことができるかといった点になります。

スパイクを上手に受けるには、レシーブのインパクトの瞬間、腕を一瞬引くことによって、ボールの勢いを殺すことが可能になってきます。タイミングを覚えるのは部活やサークルなどで練習を重ねるしかありませんが、覚えることができれば、おもしろいようにスパイクを止めることができるようになります。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労