バレーボールの試合においては、試合中に30秒間のタイムアウトを取ることができます。このタイムアウトは1回30秒間でセットごとに各チームが2回まで取ることができます。

タイムアウトまた、国際試合などでは、両チームのうち、8点、16点を先取したタイミングで自動でタイムアウトとなります。これはテクニカルタイムアウトと呼ばれチームの意思とは関係ありません。

社会人などで親しまれているソフトバレーボール等でも同じで、意外と重要なのです。特に実力が均衡している場合など、試合の流れを変えることが可能となります。単に作戦を指示したり、休憩させるためだけではなく、悪い流れを断ち切るためにタイムアウトが取られること後多いですね。連続でポイントを取られた場合などによく使用されますよね。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労