社会人になってバレーボールサークルに入ってみたものの、ポジションがまたレシーバーでガッカリしたという方も多いようです。やはり花形であるスパイカーや、司令塔であるセッターのポジションにあこがれる方も多いようですね。

レシーバーレシーバーは地味なポジションに見えるようですが、そんなことはありません。レシーバーが相手チームの強力なサーブを打ち返し、チャンスポールをセッターにつなげることで、自軍の攻撃へとつながる大事なポジションになるのです。

相手からのサーブ、またはスパイクがどの位置にくるかを瞬時に判断する能力が必要となるのと、予測地点にすぐに移動できるステップワークができる高い身体能力が必要とされます。間に合わない場合は、飛び込んでレシーブを受けるほどの思い切りのよさがいるポジションにもなります。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労