ブロックバレーボールをする場合、スパイクを防御するためのプレーがブロックになります。部活やサークルなどでは、それほど迫力のあるブロックというのも見ることはできませんが、公式戦などの場合、身長の高いスパイカーとブロッカーの攻防戦というのは、手に汗握るプレーとなります。

ブロックをする場合、立ち位置がとても重要になってきます。ネットに近すぎると、タッチネットとなってしまい反則になる可能性があり、ネットから遠すぎるとブロックしたボールが自軍に入る可能性が高くなってしまうため、ネットからちょうど良い距離というのを覚えておく必要があります。

ブロックをするときも、腕を広げすぎると、間を抜かれしまい、狭すぎると横から抜かれてしまうため、腕を広げるバランスをしっておく必要もあります。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労