レシーブバレーボールをサークルや部活などで経験していた場合、もっとも頻度の多かったレシーブというのは、やはりアンダーハンドレシーブではないでしょうか。
相手からのスパイクのような攻撃力の強いボールや、低めの位置にやってきたボールを受けるのに、もっとも向いているレシーブと言えます。

アンダーハンドパスのフォームとほぼ同じになりますが、ボールを受け取る際に、少し腕を引くようにし、手首より若干胴体側でボールを受け止めます。そのままボールを押し出すように打つと良いですが、なるべくセッターめがけてレシーブを返すようにしましょう。

アンダーハンドレシーブを上手に受けるには、早めにボールの落下地点に移動しておくことと、腰を低くし、勢いの強いボールの衝撃を和らげることになります。このレシーブはとても利用する頻度が多いため、日頃の地道な練習を繰り返す必要があります。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労