現在のバレーボールでは2013年からチャレンジシステムが試験導入されています。これはビデオを用いた判定で、各チーム1セットにつき2回までチャレンジができるようになっています。

ビデオ判定要するに審判の判定に対して異議申し立てができるといったことですね。これが成功すれば、残り回数は減らず再度チャレンジが可能となります。

もちろん、大きな試合などで行われているもので、東京にも多くのサークルがあり、誰もが簡単に楽しめるソフトバレーボールなどでは無縁のものかもしれませんが、将来的にはわかりませんね。その内、会場には主審のみで、審判団はモニタールームから判定するといったようなことになるかもしれません。そうなってしまうと、スポーツではなく、勝ち負けが中心となってしまそうですが。

★東京品川区で一緒にソフトバレーボールしませんか?
ソフトバレーボールサークル「VERY」は20代~30代の社会人が中心に、気軽に楽しくをモットーに毎週日曜日に練習を行っています。1度遊びに来てください!

●チーム&メンバー紹介はこちら
チーム&メンバー紹介|ソフトバレーボールサークルVERY
●写真&動画で見る
写真動画|ソフトバレーボールサークルVERY
●活動日程・場所はこちら
活動日程場所|ソフトバレーボールサークルVERY

PickUp

社会人になってもバレーボールを楽しもう!
誰でも楽しめるソフトバレーボール
バレーボールサークルのメンバー募集
バレーボールのメンバー探しはひと苦労